ネイルオフ、落とし方

アセトンによるジェルの縮み

更新日:

090803.jpgアセトンオフの時の痛みについての質問(→コチラ) がありました。画像で見るとわかりやすいと思うので記事に残します。

状況

オフの時にアセトンで巻いていると痛みを感じる(オフ後には痛みは消える)

考えられる原因

画像(上)のようにジェルが収縮して、巻き爪状態になり圧迫する事が原因ではないかと思います。

私はフリーエッジを切ってからオフするので、巻いている状態が良く判ると思います。この程度の巻き方だと違和感を感じるぐらいですが、あまりに巻きすぎて激痛を感じる方もいるようです。

ジェルの収縮は、ブランドやジェルの塗布量(厚み)によって違う可能性がありますが、地爪が薄い人はジェルの収縮に耐えられずに巻きが激しくなるのでは無いかと思います。

対処方法

090803.jpg

圧迫しているジェルをファイルで削って薄くする事で収縮が緩和されます。画像(下)はファイルで削った後の写真では、巻きがゆるくなっているのが判りますか?

アセトン巻きをして数分放置するとジェルが軟らかくなるのでファイルで苦もなく削れます。画像の削りもすぐに出来ました!

ファイルで削る事で痛みを避ける事も出来るしオフの時間も短縮出来ます。簡単に削れてしまうので地爪まで削らないように注意してください。

注意

これはあくまでも私が考える痛みの原因の一例ですので、痛みを感じた時は爪をよく観察してみて下さいね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ネイルオフ、落とし方

Copyright© ジェルネイルマニア , 2019 All Rights Reserved.