ジェルスカルプ

Cカーブ

更新日:

081219-4.jpg
スカルプに重要なCカーブ。スカルプを始めた頃はCカーブなんて知らなかったし、爪を綺麗に見せるためにつけているカーブかと思っていたらスカルプの強度を上げるためにつけていると知りました。


確かにフラットよりもカーブしている方が強度がありますものね!! 講習では、『美しさと言うよりも強度の為に重要です』と教えてもらいました。

ジェラッカービルダージェルのスカルプの場合は、フォームを細めに装着することでピンチを入れずにCカーブを作ります。Cカーブは出来るのですがタイトにフォームをつけるので、Cカーブが小さくなります。

アクリルの場合は爪と平行にフォームをつけるそうです。画像ぐらいでフォームをつけて、アクリルをのせた幅はネイルベットより少し広いぐらいに作ってます。この後『ググッ』とピンチを入れて綺麗なCカーブを作ります。

『ハードジェルの場合も同じぐらいCカーブが出来るよv』と仰っていました。 ハードジェルでこんな綺麗なCカーブが出来るなら、小笠原先生のブリッジ(ハードジェルとソフトジェルの併用)をしたらいいかな??と思いました。

今回のアクリルのCカーブの素晴らしさに魅了されたので、次のスカルプは綺麗なCカーブを目指してやってみますv

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ジェルスカルプ

Copyright© ジェルネイルマニア , 2017 AllRights Reserved.