ネイルアートのやり方

Vカットストーンアートの手順~アクリル編~

更新日:

20110608-P1080149.JPG
『Vカットストーンをのせた後にジェルでどのように固定するのですか?』というコメントを頂きました。私が手順を書くのも恐縮するのですが、道具や手順のイメージが少しでも掴めたら良いな~と思うので記事をUPします!

Vカットスワロアートに使う道具・材料

P1080209-1.JPG

 

  1. ネイルデダンス アクリルリキッド
  2. ネイルデダンス アイスクリアパウダー
  3. ダッペンディッシュ
  4. Vカットストーン
  5. マジカルピック+ブルタック
  6. アクリル用の筆
  7. キッチンペーパー
  8. 防水シート
Vカットストーンを掴むために試した4つ目の方法

前回のVカットストーンを掴むために試した3つの方法の時にTwitterで他のやり方を教えてもらいましたv 試しにやってみたら、ナイスキャッチ出来たので記事に残しておきます!

Vカットストーンはすべてアクリルで固定しています。アクリル用の筆⑥は2本ありますが、エンボス用の小さい筆のみで充分のようです。↓の筆はデカすぎる(笑)

手順

~ジェルネイル完成後~

20110622-P1080182.JPG①リキッドを筆にしっかりと含ませる

毛を開いて、毛の間までリキッドを含ませるとバブルが入らないミクスチュアが取れるそうです。ストーンをつけるための小さいミクスチュアにバブルは関係ないと思いますが・・・一応ね

20110622-P1080183.JPG②ダッペンディッシュの淵でリキッドを落とす

筆の片面のみリキッドを落とします

20110622-P1080185.JPG③アクリルパウダーをとる

リキッドを落としていない面で、手前に引きながらパウダーを取ります。画像は筆が立ちすぎていますが、もう少し筆を寝かせて面でパウダーを取っています。
やりながら写真を撮るのは難しいw

20110622-P1080186.JPG④リキッドとパウダーがなじむのを待つ

リキッドとパウダーの量が適量ではじめてきちんとしたミクスチュアが取れます。ベチャベチャやボソボソのミクスチュアだった場合は何度でも取り直しています。表面に残ったパウダーは、筆の柄をトントンと叩いて落とします。

20110622-P1080187.JPG⑤ミクスチュアを爪に置く(⑤~⑦番がスピード勝負)

ミクスチュアは大きすぎるとストーンを乗せるとミクスチュアがはみ出しますw

Vカットストーンを掴むために試した4つ目の方法⑥Vカットストーンを爪に置く

マジカルピック+ブルタックでストーンを取ると取りやすいです。
どんどん固まるので、素早く3石のストーンをミクスチュアにのせます。

20110622-P1080197.JPG⑦ストーンの場所を微調整

バランスの良い配置になるように微調整します。ミクスチュアがある程度固まってからストーンを置いてもストーンがすぐに抜けてしまいます。なるべく手早くストーンを配置するのがポイントです。

20110622-P1080198.JPG⑧隙間からミクスチュアを追加

隙間があると髪がひっかかるので、ストーンとストーンの隙間にミクスチュアを追加します。Twitterで教えてもらったのですが、緩めのミクスチュアでしっかり埋めるとストーンが数日で取れてしまうというコトは無くなるようです。

⑨綺麗に埋まったら出来上がり

アクリルもド素人なので、参考程度にお読みください。

(※追記)
Twitter情報によると、小さいミクスチュアで1石ずつ固定していくやり方をする方も多いようです。

1個のミクスチュアに3石を乗せるより時間的余裕があると思いますv 自分のやりやすい方法を見つける為にイロイロ試してみて下さいv

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ネイルアートのやり方

Copyright© ジェルネイルマニア , 2019 All Rights Reserved.